FC2ブログ
DSC_5073 (2)
このブログを管理しているインディビジュアリスト(学名 individualists)は粘着科の一属で主に播磨南東部でよく見られる。

気に入った場所を見つけるとしばらくそこに通う習性を持っており長時間そこに居座る事が多い。

三半規管が弱いのかインディビジュアリストの撮る写真の多くは斜めになっていて

今の時期、どこか共感するのか沿線沿いでの撮影者の足元にいつの間にかひっついて離れない

センダングサ(学名 Bidens)いわゆる、ひっつき虫を撮影する事もある。

又、よく似た種類に『アホノヒトツオボエ。』(学名 individualists)がある。

wikipediaより。(笑)


2018/11/27




スポンサーサイト

コメント 0

新着記事一覧