DSC_4784.jpg
昨日は昼から曽根の辺りをぶらぶらと。

高砂に住んでいながら曽根天満宮の境内に入るのは初めて。

境内には梅の樹がたくさん植えられていましたが残念ながら見頃は過ぎていました。

ですが土曜日だったのでたくさんの方がお参りに来られていて、そんな日に参道のど真ん中で写真を撮っていると

小学生の男の子に 「何を撮ってるんですか?」 と話しかけられたり。(^_^;)

「ここから見える山電の写真を撮ってるんだよ」 と説明しましたが、賢そうなあの子がこの写真を見たら何て思うんだろう・・・。

そんな事を考えながら見る山電の普通列車は 『天満宮のちょうちん色。』


2017/03/25
スポンサーサイト

コメント 4

sbkouta666  2017, 03. 27 (Mon) 11:10

こんにちは。

僕も、曽根天満宮の境内に入った事はないですが、ここ提灯に明かりが入った所

撮りたいですね。

編集 | 返信 |  

individualists  2017, 03. 27 (Mon) 17:30

こんにちは。

お仕事お疲れ様です。

話し掛けられた男の子に聞いたところ、夜になると提灯に灯りが灯るそうです。

土曜日に行ったので人が多かったのと結構、踏切に車が引っ掛かったりで

私も平日の夕方にでも再チャレンジしてみたいです。

高砂に住んでいながら高砂なんて何も無い所と思っていましたが写真を撮る様になって

高砂も意外と良いかも?

と思っています。(笑)


編集 | 返信 |  

sbkouta666  2017, 03. 28 (Tue) 20:28

写真を深くやりだすと、普段のなんでもない景色が、色鮮やかに輝いて見えますね。

おもしろいものですね。

編集 | 返信 |  

individualists  2017, 03. 29 (Wed) 19:28

こんばんは。

本当ですね。

今までも、そこを通ったりして間違いなく同じ景色を見ていたはずなんですけどね。

日の出、日の入りの方角も一年でこれだけ違いがあるなんて

早朝から外仕事をしていながら写真を撮り始めるまで全く意識していませんでした。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧